交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「損害賠償金(示談金)」に関するQ&A

交通事故の被害者は,どのような損害について損害賠償を請求できるのですか?

1 損害賠償の対象

⑴ 損害の種類

まず,交通事故の損害は,大きく人的損害(人損=ケガをして人に生じた損害)と物的損害(物損=車両など物に生じた損害)に分けられます。

⑵ 人損

人損については,自己のために被害者が現実に支出した損害(積極損害)と,被害者の収入の減少という形で生じる損害(消極損害),さらに事故によって被った精神的苦痛とがあります。

積極損害には,治療費や付添看護費,入院雑費,通院交通費などの治療関係費などが代表的なものとなります。

そのほか,葬儀費用,留年による学習費用,弁護士費用なども含まれます。

消極損害には,休業損害や後遺症・死亡に基づく逸失利益が含まれます。

精神的苦痛に対しては慰謝料が支払われますが,その額は傷害,後遺障害,死亡という結果に対してある程度定型的に決まっています。

⑶ 物損

物損の中心となるのは,車両損害です。

まず,原則として車両の修理費が賠償の対象となります。。

ただし,修理ができないとき(修理費用が,車両時価及び買替え費用を上回った場合を含む)は時価額と買替費用が賠償の対象となります。

また,損傷による評価損,適切な代車費用,自動車を使用できなかったことによる休車損害も認められます。

その他,車両に積んでいた荷物が壊れた場合や,被害者が身に着けていた物が壊れたり汚れたりした場合も,賠償の対象になることがあります。

物損については,原則として慰謝料は認められませんが,車が家屋に突入した場合や,家族同然のペットが死亡したような場合には,慰謝料が認められることもあります。

2 どのような損害が賠償請求できるかは,一度弁護士に相談を

交通事故の被害者が請求できる損害の対象は多岐にわたります。

被害者自身が気付いていない損害も,弁護士に相談することで,保険会社に請求できる可能性がございます。

また,賠償を受けることができる金額も,弁護士が交渉することにより変わってくることがあります。

そのため,安易に示談してしまう前に,保険会社の提案する賠償案は適切なものなのか,弁護士に相談することをおすすめいたします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故による人損と物損

交通事故が起こってしまうと,ケガをしてしまったりお車が壊れてしまったりなど,様々な損害が生じることがあります。

こちらのページでは,そんな交通事故による「人損」や「物損」などに関してご説明をしております。

交通事故によってものが壊れた,ケガをしたなどの被害が少しでもあるという方は,ぜひ一度目をお通しになっておいてください。

どのようなものにどれくらいの慰謝料が認められるかというのは,それぞれの交通事故の状況によって異なります。

交通事故の相手方の保険会社から金額を提示されてもよくわからないという方も多いかと思いますので,そういった場合には提示を受け入れる前に,一度当法人にご相談をいただくと良いかと思います。

弁護士法人心では,豊富な交通事故案件の経験と知識により,皆様の交通事故に対する適切な賠償額はどれくらいかということを計算いたします。

依頼をするかどうかまだ決めていない,という方でも,もちろんこちらのサービスをご利用いただくことが可能です。

ご自身があった交通事故に対する適切な金額がどれくらいかということを見ていただいた上で,改めて交通事故の示談を受け入れるか,それとも示談交渉等を行うかということをご検討いただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ