交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の損害賠償金(示談金)に関するQ&A

交通事故の慰謝料の金額について基準はあるのですか?

  1. 1 交通事故の慰謝料の算定基準

    交通事故でお怪我をされ,病院や接骨院への通院を余議なくされた場合,相手方保険会社に対して傷害慰謝料を請求することができます。

    そして,その慰謝料の算定基準は,ご本人が直接保険会社と交渉する場合と,弁護士が代理人として交渉したり,裁判を起こしたりする場合とで,大きく異なる場合があります。

  2. 2 自賠責基準と任意保険会社基準,裁判基準

    お怪我をされた交通事故の被害者ご本人が直接相手方保険会社の担当者と交渉する場合,相手方保険会社の担当者は慰謝料を「自賠責基準」か,または「任意保険会社基準」で算出し,提示することがほとんどです。

    1. ⑴ 自賠責基準

      自賠責基準とは,入院または通院せざるを得なかった日を1日4200円とし,病院や接骨院への実入通院日数の2倍の合計か,総通院期間のどちらか少ない日数を掛けたものとされています。

    2. ⑵ 任意保険会社基準

      任意保険会社基準とは,上記自賠責基準と同じか,もしくは若干上乗せした金額のことが多いですが,詳しい計算方法はそれぞれの保険会社により異なり,外部からは不明となっています。

    3. ⑶ 裁判基準

      裁判基準とは,裁判となった場合に裁判所が算定する際に用いる基準であり,財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」)や,財団法人日弁連交通事故相談センターが発行している「交通事故損害額算定基準」(通称「青い本」)を用いて算定されます。

      これらの基準は,自賠責基準での計算方法とは異なり,原則として総通院期間をもとにして,骨折などの重傷なら赤い本の別表Ⅰ,打撲やむち打ちなら赤い本の別表Ⅱなどのように異なる基準を用いて算定されます。

      弁護士が代理人として相手方と交渉に当たっている場合も,この「赤い本」や「青い本」を使い,裁判基準で交渉します。

  3. 3 裁判基準で慰謝料の金額は上がるか

    一般的に,裁判基準で慰謝料を算定したほうが,金額が上がることのほうが多いようです。

    なぜなら,自賠責から支払われる保険金は,あくまで交通事故被害者への最低限の補償を目的としているため,これで損害額のすべてをまかなうことを目的としてはいないからです。

    ケースによっては,自賠責基準の方が慰謝料の金額が高くなる可能性もありますが,ご自身がどちらのケースにあたるか,弁護士に相談して確認されることをお勧めいたします。

    弁護士法人心では,相手方保険会社から提示された慰謝料等の示談金が適正かどうか,裁判基準で算定して上がる見込みがあるかどうかのチェックサービスを無料で行っておりますので,お気軽にご相談ください。

    交通事故の慰謝料については,こちらもご覧ください。

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ