交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の損害賠償金(示談金)に関するQ&A

交通事故の慰謝料について算定基準などはありますか?

  1. 1 慰謝料の算定基準

    交通事故の被害にあわれた方には,事故による肉体的・精神的苦痛に対する賠償金として慰謝料が支払われます。

    慰謝料の算定方法の基準としては,大きく分けて2つの基準があります。

    1つは,自賠責基準です。

    自賠責基準とは,自賠責保険の慰謝料算定基準をいいます。

    自賠責基準における慰謝料算定基準は,実通院日数×2と通院期間のいずれか短い日数に4200円を乗じた額を慰謝料の額とします。

    ただし,治療費や休業損害も含めて120万円が上限額であることに注意が必要です。

    そのため,自賠責基準は,次に述べる裁判所・弁護士基準と比較すると,慰謝料の金額が通常低額となります。

    もう1つは,裁判所・弁護士基準です。

    裁判所・弁護士基準とは,裁判において目安とされる慰謝料額の算定基準をいいます。

    交通事故は,民事事件の中でも非常に多い部類の事件であり,受傷内容や通院期間により慰謝料の相場が一定程度決まっています。

    裁判所・弁護士基準は,自賠責基準と異なり,治療費や休業損害とあわせて120万円という上限額はありません。

    そのため,裁判所・弁護士基準は,先に述べた自賠責基準と比較すると,慰謝料の金額が通常高額となります。

    以上が交通事故における慰謝料算定基準になります。

  2. 2 慰謝料における弁護士法人心の有用性

    それでは,交通事故の慰謝料はいくらが妥当な金額なのでしょうか。

    保険会社から提示されている慰謝料が妥当であるか否かは,受傷内容,通院期間,過失割合などの様々な事情により異なるため,一概には判断できません。

    そのため,適切な額の慰謝料の支払いを受けるためには,交通事故の専門家によるアドバイスを受けることが不可欠となります。

    弁護士法人心では,所属するそれぞれの弁護士が得意分野をもって活動しており,交通事故を得意分野とする弁護士も多数所属しています。

    弁護士法人心では,提示された示談金額が適切であるか否かを弁護士が無料でチェックする示談金チェックサービスも実施しておりますので,是非ともご活用ください。

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ