交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の損害賠償金(示談金)に関するQ&A

加害者が任意保険に入っていない場合はどうなりますか?

1 加害者が任意保険に入っていない場合の対処方法

交通事故の加害者が任意保険に入っていなかった場合,被害者としてはしっかりした治療を受けることができるのか,賠償を受けることができるのか不安に思われることと思います。

もちろん相手方本人に対して賠償の請求をしていくことはできますが,相手方に資力がない場合,結局は支払いを受けることができないということもあり得ます。

そこで,相手方無資力の場合には,他に利用できる保険や制度がないかについても考える必要があります。

2 人身傷害保険

まず,相手方が任意保険に入っていないことがわかった場合には,すぐにご自身の加入している保険に「人身傷害保険」が付いているかどうかを確認してください。

人身傷害保険は,保険加入者が事故に遭ってしまった場合に,自分の保険会社の方が治療費,休業損害や慰謝料等を補償してくれる保険です。

人身傷害保険にせっかくご加入している場合には,これを使わない手はありません。

3 労災保険

交通事故が,業務中又は通勤中の事故であった場合には,労災保険を使うことができるケースがあります。

会社との関係性があるので,労災保険を利用したい場合には会社にご確認いただくことをお勧めしますが,労災保険が使える場合には,治療費と休業損害が労災保険から支払われます。

慰謝料については労災保険からは支払われないので,別途相手方に請求していく必要があります。

4 自賠責保険

相手方が任意保険に加入していない場合であっても,自動車運転者が全員加入することが義務付けられている自賠責保険には加入していることが多いです。

自賠責保険に加入している場合には,仮に加害者に資力がなくても,自賠責保険から,治療費,休業損害,慰謝料を支払ってもらえる可能性があります。

ただし,自賠責保険には120万円までという限度額があるので,それ以上の部分については相手方に直接請求していく必要があります。

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ