交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の損害賠償金(示談金)に関するQ&A

どのような場合に交通事故の被害車両の修理費が損害として認められますか?

交通事故の被害者であれば,被害に遭った車の修理代を,加害者に損害賠償請求できるのが原則です。

もっとも,損害として賠償される限度は,車の時価額です。

時価額とは,車の市場価格,すなわち中古車市場において同車種を購入するのに必要な価格です。

昭和49年4月15日最高裁判決によれば,「中古車の事故当時における取引価格は,車種,年式,型,同程度の使用状態・走行距離など中古車市場で取得しうる価額によって定めるべきである」とされています。

修理費が,時価額の範囲内であれば,修理費全額は損害に該当します。

しかし,修理費が,時価額を超えてしまった場合は,この超えてしまった部分については損害として評価されません。

自動車保険においては,修理費が時価額の範囲内である場合を分損,修理費が時価額を超えてしまった場合を全損ということがあります。

全損には,車が修理不可能なほどの壊滅的な損傷を受けた場合をいう物理的全損のほか,修理費が車の時価に買い替え費用を加えた額を超えてしまった場合をいう経済的全損があります。

車の破損状態が激しく物理的全損と認められる場合は,破損した車の評価額からスクラップ代を差し引いた金額が損害額となり,この損害額によって新しい車両の頭金にしたりすることになります。

修理代金が,時価額を上回った場合でも,相手方に対物全損時修理差額費用特約などの任意保険の付帯があれば,時価額を超過する分についても修理代金が支払われる場合があります。

しかし,対物全損時修理差額費用特約で対応できるのは,50万円が限度となることがほとんどです。

詳しい説明をお聞きになりたい方は,一度,当法人の交通事故に詳しい弁護士までご相談いだければ幸いです。

Q&Aトップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ