交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の損害賠償金(示談金)に関するQ&A

交通事故における素因減額とはなんですか?

素因とは,被害者が交通事故前から有していた心身の状態のことです。

交通事故が発生したとき,損害の発生,拡大について,被害者に生じている心や身体に関する特別な事情が影響している場合に,その程度に応じて損害賠償額を減額することを素因減額といいます。

交通事故などの不法行為に基づく損害賠償の趣旨は,当時者間での損害の公平な分担にあります。

損害の公平な分担の趣旨に鑑み,損害の発生,拡大について被害者に落ち度があれば,これを考慮して,損害賠償額を減額する考え方が素因減額です。

素因には,心因的素因と体質的素因とがあります。

心因的素因とは,被害者の心理的,性格的,精神的な問題点のことです。

心因的素因については,原因となった事故が軽微で通常は心理的影響を与える程度のものではなく,自覚症状に見合う他覚的な画像所見がないまま,治療相当期間を超えて治療をしたような場合は,減額の対象となるとされています。

心因的素因については,減額の対象とされるのが一般的です。

一方,体質的素因とは,既往症や体質的疾患のことをいいます。

体質的素因のうち,身体的特徴については,日常生活において,通常人に比べて慎重な行動をとることが求められているような特段の事情がない限りこれを考慮することができないとされています。

体質的素因のうち,疾患については,その疾患が損害の発生や拡大に影響したことが明らかである場合,加害者にすべての損害を賠償させるのが不公平であるといえるときは,これを考慮することができるとされています。

相手方から素因減額を主張されたような場合は,素因がどのようなものであるのか,事故前はどのような状態であったか,事故後はどのような症状でどのような治療を受けたのか,素因があるかないかで治療の行方も違ったものになったのかなどを検討していくことになります。

詳しい説明をお聞きになりたい方は,一度,当法人の弁護士までご相談いだければ幸いです。

Q&Aトップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ