交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故その他のQ&A

保険会社から「交通事故と症状との因果関係が認められない」と言われましたが,どういうことですか

1 因果関係とは

因果関係とは,2つ以上のものの間に原因と結果の関係があることを言います。

つまり,交通事故と症状との間に因果関係が認められるためには,交通事故が原因でその症状が生じたと認められることが必要となります。

2 保険会社に因果関係を否定されやすいケース

交通事故の被害者からしてみれば,事故後に身体に痛みが生じた場合,その原因は交通事故以外に思い当たる節はないのが通常でしょうから,因果関係が否定されるのは理解できないのが当然だと思います。

しかし,保険会社は,被害者の事情をすべて知っているわけではありません。

そのため,本当にその症状が,交通事故を原因として生じたものであるか判断しにくいケースがいくつか存在します。

⑴ 交通事故からしばらくたってから病院の診察を受けた場合

ムチウチなどの症状は交通事故からしばらくたってから現れることもあります。

事故後は何ともなかったから病院に行かなかったが,しばらく経ってから症状が現れたため病院に行くことになるというケースはあります。

この場合,保険会社からみれば,事故から通院までの間に,事故とは別の原因で症状が発生した可能性(たとえば,「首が痛むのは事故の衝撃ではなく寝違えた可能性がある」など)を否定できないとして,因果関係を認めないことがあります。

⑵ 交通事故の態様が,症状と比べて非常に軽微であった場合

保険会社としては,交通事故により怪我や症状が生じるには,事故により身体にそれなりの衝撃が生じたことが必要であると考えています。

そのため,事故態様があまりに軽微な場合,たとえば,車同士の衝突事故だがほとんど車に損傷がなく,修理費も極めて低額な場合では,被害者が主張するような症状が生じるはずはないとして,因果関係を認めないことがあります。

⑶ 交通事故以前から同様の症状を患っていた場合

たとえば,交通事故により腰痛がひどくなったという場合に,交通事故以前から同様の症状が患っていた場合,その症状は交通事故によるものなのか,事故以前からの症状が自然経過で悪化したものなのか判断がつかないとして,因果関係が否定される場合があります。

3 因果関係が否定されるとどうなるのか

交通事故と症状との因果関係が否定された場合,その症状は交通事故とは関係ないものとされ,加害者の症状に対する賠償をする責任も否定されることとなります。

そのため,交通事故と症状との因果関係が認められるかどうかは,適正な交通事故の賠償を受けるうえで非常に重要なポイントとなります。

4 因果関係が問題となったら弁護士に相談を

因果関係があることを証明するためには,事故と症状に関する具体的な事実を丁寧に読み解き,それをもとに適切な法的な主張を展開する必要があります。

そのためには,交通事故に強い弁護士に依頼することが大きな助けとなります。

弁護士法人心では,交通事故に精通した弁護士が多数在籍し,因果関係が争いになった交通事故案件の解決実績も豊富にございます。

保険会社に因果関係を否定されて困っている交通事故の被害者の方は,まずは一度お気軽にご相談ください。

また,交通事故の因果関係については,こちらもご覧ください。

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ