債務整理の相談無料 by 弁護士法人心

弁護士による債務整理 by 弁護士法人心

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

今回は,債務整理の中でも過払金返還請求の流れについてお話ししたいと思います。

かつて平成18年に最高裁判決で事実上否定されるまでは,29.2%までは利息制限法所定の利息を上回る利息を受領しても有効な弁済があったものとみなす,という「みなし弁済」というものがありました。

みなし弁済が事実上否定されたことで,それまで支払っていた法定利率を上回る利息分の支払いは無効とされ,過払金返還請求を行うことで払い過ぎた利息を返してもらうことができるようになりました。

法定利率は,10万円までは20%,10万円以上100万円までは18%,100万円以上は15%となっています。

法定利率で引き直し計算をおこない,過払金が発生する場合には,返還請求をすることになります。

しかし,返還請求権は取引終了から10年が経過してしまうと時効になってしまいますので,少しでも過払金が発生しているのではないか,と思われる方は一度借入のあった業者に問い合わせをして履歴を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

当事務所では,ご本人が取寄せた履歴をお預かりしてから引き直し計算をおこない,過払い金の発生の有無や金額がわかってからご依頼いただくことも可能です。

もちろん,履歴の開示請求からご依頼いただくこともできます。

過払金の発生金額の総額が判明し次第,実際にいくら返還してもらえるのか,各社と交渉していくことになります。

過払金の全額を返してもらうためには裁判をしなければならない場合が多いですが,返還までに長い時間がかかってしまいます。

そのため,裁判をしない段階で返還してもらえる金額については借入先の経営状況や過払金の金額などによって様々ですが,和解をすることで早期に返還をしてもらうことも多いです。

現在借金を返済中の場合でも,法定利率を超える利息を長期間払い続けていた場合,過払い金の発生金額によっては,借金が無くなり,かつ過払金が返ってくる可能性もあります。

弁護士法人心では,債務整理についてのご相談や引き直し計算を無料で承っております。過払い金が発生しているのかわからない,という方もまずはお気軽にフリーダイヤルまでご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ