法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

お役立ち情報

昔からすれば,だいぶ弁護士は身近になったものと思われます。

しかし,いざトラブルにあうなどして,弁護士を探そうとしても,弁護士の選び方など,悩むことも多いかと思います。

そんな皆様に,少しでも参考になればと思い,当情報ページを作成いたしました。

また,順次,追記もしていきたいと思いますので,ご参考にしていただければと思います。

ただし,あくまで,当情報ページの情報はすべて,当法人の私的な見解にもとづくもので,必ずしも,その結果を保証等するものではありませんので,参考程度にご覧いただき,実際に対応される場合には,その都度,必ず,専門家にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

アメリカの弁護士事情

アメリカ合衆国においては,弁護士は各州法に基づく資格であり,大きくアメリカ合衆国の連邦法としては規定がなく,州ごとの資格であるため「ニューヨーク州弁護士」や「カリフォルニア州弁護士」と呼ばれます。

ですので,資格のない州の裁判所で依頼人を代理するなど,他州の法律に関する法律業務を行うことは原則としてできません。

もちろん,アメリカでもそれでは業務に支障をきたしてしまうので,他州の資格のみを持つ弁護士が一時的に自州の裁判所で弁論することを認めたり,一定の資格等の規定を満たせば,他州の弁護士に自州の弁護資格を与えたりすることがあるそうです。

驚いたのは,受験資格や合格基準も州により異なるということです。

原則としてアメリカ法曹協会が認定するロー・スクールでジュリス・ドクターという学位を取得する必要があるそうですが,州毎に得意分野や資質に偏りが出てしまったりしないのでしょうか。

また,日本の司法修習のような合格後の訓練制度もないということです。

アメリカには,100万人を超える弁護士がいるといわれ,その多さに驚かされますが,日本では税理士,司法書士,土地家屋調査士,行政書士といった資格者がそれぞれ行っている業務がすべて「弁護士」というカテゴリーに包括されていると言われています。

たとえば,弁理士の業務を行うのは弁護士資格のある特許弁護士と資格のない出願代理人だそうです。

また,日本では,企業の法務部等で法務業務を行っている方の多くは日本の弁護士資格を有していないのに対し,アメリカの企業の法務部で法務業務を行う者は原則として弁護士であるとされています。

ちなみに,日本でよく耳にする「国際弁護士」とは,海外での弁護士資格のみを持っている人や日本での弁護士資格のみを持っている人という場合でも,国際的に活躍する場合はそう呼ばれる(または名乗っている)ことがあるだけで,特にそのような資格があるわけではありません。

「弁護士バッジ」ともいわれる弁護士記章について

日本弁護士連合会会則第29条第2項で,「弁護士は,その職務を行う場合には,本会の制定した記章を帯用しなければならない。」と定められていて,この記章を弁護士の身分証としています。

かつては,弁護士会発行の身分証明書がなかったため,弁護士が身分を証明する唯一の手段でしたが,最近では日弁連発行のカード型の弁護士身分確認証明書がありますので,そちらを帯同されている弁護士もいます。

テレビドラマで見かける弁護士バッジはピカピカに輝く金色のものが多いですが,本物のバッジは,基本的に金メッキされた純銀製なので,使い込まれることによってメッキの金色が落ち,地金の銀が見えてきます。

キャリアの長い弁護士のバッジはまさにいぶし銀の輝きと言われたりします。

弁護士バッジは,造幣局が作成しており,バッジの表面は16弁のひまわりの花の中心部に秤一台を配したデザインで,裏面には「日本辯護士連合會員章」の文字と登録番号が刻されています。

弁護士バッジを紛失するというのは,悪用されるおそれがありますので,深刻な事態です。

紛失しても届出をすれば再交付してもらえますが,始末書を書かされたうえ,官報にも公告されることになっています。

お問合せ・アクセス・地図へ