法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

傷病手当金

傷病手当金とは,健康保険に加入している方が受けられる給付です。けがや病気のために休業した場合に支給される手当で,標準報酬日額の3分の2が支給されます。

この手当は,病気療養中の被保険者とその家族の生活を保障するために支給されます。

傷病手当金は,以下の4つの要件を満たした時に支給されます。

⑴業務外の事由による病気やけがの療養のための休業であること

業務上の病気やけがについては,労災保険の給付対象であるため,傷病手当金は支給されません。

美容整形等は,病気とはみなされないので,この場合も支給されません。

⑵仕事に就くことができないこと

実際に仕事に就くことができないかは,療養担当者の意見等を基に,被保険者の仕事の内容を考慮して判断されます。

⑶連続する3日間を含み,4日以上仕事に就けなかったこと

注意が必要なのは,休業が3日間連続していなければならないことです。

たとえば,2日休んで1日出勤し,また2日休んだとしても,休業が3日間連続していないので,4日目の休業に対しては,傷病手当金が支払われません。

⑷休業した期間につき,給与が支払われていないこと

給与が支払われている場合には,傷病手当金を支給する必要がありません。

ただし,給与が支払われている場合であっても,傷病手当金の金額よりも低額となっている場合には,生活保障の必要があるため,差額が支払われることになります。

もしものときのために,傷病手当金というものがあるというのを覚えておくとよいのではないでしょうか。

傷病手当金についてわからないことがある時は,弁護士などの専門家にご相談された方がよいかと思います。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア