法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

廃除

親が子から暴力や虐待を受け,財産をその子に相続させたくないと思っても,親が亡くなった場合,子は親の財産を相続することができます。

たとえ「全財産を○○に相続させる」という遺言書を残したとしても,子には,遺留分という一定割合の財産を相続する権利が保障されているため,少なくともその分は,子は親の財産を相続することとなります。

そこで,相続する資格を奪う制度として,「廃除」という制度があります。

廃除は,遺留分さえも奪うものですから, その手続きは厳格に定められています。

廃除が認められるためには,家庭裁判所に生前に申し立てるか,遺言でその旨を記載し,遺言執行者が家庭裁判所に申し立てることが必要になります。

その上で,家庭裁判所が,廃除事由,すなわち,①虐待,②重大な侮辱,③著しい非行といえる行為があるかを判断し,あると判断されれば廃除が認められます。

廃除が認められた場合,申立てられた者は,相続が開始されたときから,相続する資格がなかったことになります。

もっとも,廃除の効果は,廃除を請求した被相続人との間だけで相続する資格が奪われるにすぎません。

したがって,廃除された者に子がいるときには,その子が相続するので注意が必要です。

廃除についてご不明な点がある場合には,弁護士などの専門家へのご相談をおすすめいたします。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア