法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

駅すぐ近く・駐車場サービスあり

通勤災害に関する保険給付

労働者が業務中に事故に遭った場合,労働上の災害として,労働者災害補償保険(「労災」と言われることが多いです。)を使える場合があるということをご存知の方は多いかと思いますが,通勤時間中に事故に遭った場合でも,労災を使えることがあるのをご存知でしょうか。

ただ,通勤途中であっても,通勤経路を逸脱し,または往復を中断した場合には,その間及びその後の往復は,原則として通勤とは認められず,労災の対象にはならないという点に注意が必要です。

たとえば,会社からの帰り道,通勤ルートとは反対方向の商業施設へ遊びに出掛ける途中で事故にあったような場合,基本的には労災の対象になりません。

一方,会社から自宅までの帰り道に,コンビニで日用品の購入をしたり病院に寄ったりした場合,コンビニや病院が会社から自宅までの通勤経路からはずれていたとしても,それらが生活上必要な行為で,最小限度のものである場合には,通勤ルートからはずれている間や往復を中断している間をのぞき,通勤として取り扱われると考えられています。

これまでに裁判所で争われた事例の中にも,終業後歩いて義父宅に立ち寄り義父を介護した後に歩いて帰宅する途中,通勤ルート上の交差点で発生した交通事故について,通勤災害性が肯定された事例があります。

このように,通勤中に事故にあったとき,通勤ルートからはずれた場所に立ち寄ったような場合でも,通勤災害性が肯定される場合もありますので,一人で悩まず,弁護士等にご相談されることをおすすめいたします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ