法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

駅すぐ近く・駐車場サービスあり

債権回収

信用調査の必要性

取引先から確実に債権回収が行えるのか。

新規の顧客と契約を結び取引を始めることは,事業拡大・営業利益増加の機会であると同時に債権の回収問題というリスクを負うという一面もあります。

万が一債権が回収できなかったら。それは会社経営に重大な影響を及ぼす事態につながる可能性が大きくあります。

こういったリスクを避けるためにも,取引の契約を交わす前に,取引先の十分な信用調査を行うことが不可欠です。

また,調査を行った結果得られた情報は,取引先が代金不支払いという事態を起こした際の仮差押え・仮処分の対象を特定するためにも必要となります。

信用調査では,取引先の支払能力と支払意思を調査します。

支払能力調査では取引先から十分に債権回収が行えるのか,そして支払意思調査では取引詐欺の可能性がないかを調査します。

新たな顧客と取引を始める前に,ぜひ当事務所に信用調査をお任せください。

信用調査の方法

信用調査の方法は2つあります。

取引先から直接情報を取得する方法と,外部から間接的に情報を取得する方法です。

■直接情報を取得する

まずは,過去2年分程度の決算書を提出していただく方法があります。

その決算書から,支払能力を判断することができますが,決算書のみの判断では粉飾の可能性もあるため注意が必要です。

そのため,別の方法として自社の営業担当者が取引先からの聞き取りや現場視察といったものがあげられます。

これらから得た情報を総合的に判断し,調査表などにまとめて管理をします。

■間接的に情報を取得する

取引先以外から間接的に情報を取得します。

方法としては,商業登記簿謄本・不動産登記簿謄本の内容確認,そして当事務所のような信用調査を請け負っている会社からの情報取得があげられます。

信用調査会社を利用した場合でも,その情報だけで判断するのではなく,取引先から直接得た情報などを総合してご判断されることが望ましい形となります。

担保権の確保

債権回収を確実にするために,担保権を設定することが最適な方法としてあげられます。

債権に担保権がついていれば,債権の回収が滞ってしまうような事態でも,それらを売却したときに得た金銭より優先的に支払いを受けることができます。

ここで言う担保権とは,

・抵当権(取引先が有している土地や建物などの不動産)

・譲渡担保権(取引先が有している備品・機械類等の動産)

・連帯保証(取引先が抵当権等の物的担保の提供に難色を示した時の人的担保)

など,当事者間の合意で成立する「約定担保」を指します。

御社の経営に影響を及ぼさないために,そして確実に債権を回収するために,担保権を確保することをお勧め致します。

※利益相反にあたる場合や弁護士の業務状況等により,ご相談をお受けできないこともございますので,ご了承ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ